>  > 郡山で運営するデリヘル店は地の利を活かしている

郡山で運営するデリヘル店は地の利を活かしている

風俗店は主に人口の多いエリアや、人通りの多いエリアを目掛けて商売展開します。ですが、そう言った場所も全国的に見ても限られた場所になってしまい、都内ほど地方が栄えていないので風俗店が運営できるキャパシティもパイも限られてしまうので、栄えているエリアで展開した場合は必然的に激戦区に飛び込むような形になります。並の運営ではまず他店舗に埋もれてしまいますし、お店の規模によっては全く目立たない可能性も出てきます。そう言った心配がある分、成功した時の見返りは大きく、ハイリスクハイリターンであることは周知のとおりです。ですが、都内で展開するよりも地方で展開する場合はそれほど難易度は高くないと言えます。最低限、アクセスや施設が整っているエリアに絞る必要はありますが都内の主要エリアに比べればまだ可能性はあります。地方で展開する際に注意することと言えば、人口と利便性と街の発展に注意が必要です。人口は風俗を利用するパイを表しますので、ここが極端に少なければ利用者も限られたものになってしまいます。利便性に関しては、手軽に利用ができる部分を考える必要があります。実際に利用する場合、どういった点で便利に思えるか。駅から近くの場所で利用できれば便利ですし、逆に遠ければせっかく展開していてもなかなか気軽には利用できません。利便性を踏まえてお店を構えるのが常識ですのでこの点を疎かにして運営は出来ないでしょう。最後に街の発展も重要視するポイントになります。街の発展はその駅周辺や風俗が展開できる場所、一角があるかどうかを判断します。いくら街が発展していても風俗店が運営していない街はいくらでもあります。中には街の外れで展開しているお店もありますが、なかなか上手くはいかないと感じられます。お店の発展は街の発展と比例しているので、これから運営を考えるのであればその街の雰囲気を良く知っておく必要があります。地方のエリアになりますが、郡山で風俗店を展開するのは非常に地の利を活かしているなと思われます。福島県の中部に位置するエリアで福島県内の中でも3番目に人口が多く、利便性にも長けているエリアですので非常にデリヘルなどの運営がし易い場所になります。また郡山市は現在でもそれ程多くなく、狙い目のエリアです。都内ほどパイは多くないですが、東北エリアの中では多い方なので郡山でデリヘル店を展開するのは非常に有効かと思われます。

[ 2016-02-08 ]

カテゴリ: デリヘル体験談4